道端に咲く白い花 (7月)蔓紫陽花とノリウツギ

自然

蔓紫陽花ツルアジサイとノリウツギが見頃を迎えています。
どちらもガクアジサイに似た形の白い花を咲かせているもので、紫陽花アジサイの仲間。

蔓紫陽花

日本の北海道、本州、四国、九州に分布し、山野の湿った場所に自生。道端、林の中を見渡すと、大きな樹にからみながら伸びて白い花を咲かせている姿を観ることが出来ます。

湿潤環境を好む性質はアジサイと同様で、蒸し暑い季節に爽やかな姿で道端を飾ります。樹をつたい大きく成長したものは、樹上10m20mまでにも花を咲かせるので、一つ一つの花は可憐ですがダイナミックな景色をみせてくれています。

ノリウツギ

ノリウツギは、樹高2~3mになる落葉広葉樹で、ピンク色の花を咲かせるノリウツギなど園芸品種でもよく知られるようになった紫陽花の一つ。その原種がこのノリウツギ、サビタとも呼ばれます。昔から「和紙を作る際の糊を採るために、この樹皮を採取していた」という。北海道でも昭和初期にはこの樹皮を採取し出荷していたと聞きます。

タイトルとURLをコピーしました